文字の力を実感した友人との会話

この記事は3分で読めます

こんばんは、原田です。

 

情報発信、ネットビジネスを学ぶと、

「コピーライティング」

というものを学ぶようになります。

 

これは、簡単に言うと、

文字で人を動かす力のことです。

 

 

「人を動かす」といっても、

人を操作するようなものではなくて、

価値を正しく伝えていくためのものです。

 

 

ネットビジネスという世界の中には、

このコピーライティングと呼ばれる文章力を

人を操作するために使っている闇の世界にいる人と

人に正しく価値を伝えて人を成長させるために使っている光の世界の人の

大きく分けると、二通りの人がいます。

 

この闇の世界の方にはまってしまって、

ネットビジネスを学ぶことでちょっとまずいことになっている

なんて人もいるのが事実です。

 

広告とかであるようなコピーライティングスキルというのは、

だいたい、こういった道に進みやすくなってしまうところがあるんですよね。

 

 

じゃあ、その差はどこにあるのか?

 

それは、

ビジネス以外の場で使えるかどうか?

だと僕は思っています。

 

ビジネスの場だけで使えて、

お金を稼ぐためだけに使っているという人ほど、

コピーライティングスキルが俺は高い!!

みたいに本質が見えなくなっている場合が多いです。

 

僕が四年間情報発信を学んできて。

 

 

僕は情報発信を学んで良かったと思ったことの一つに、

「人に価値を伝える方法を学べたこと」があります。

 

 

人に価値を伝えるとは、

自分が思っていることを正しく伝えることであるし、

それによって相手に対してエネルギーを与えて、

相手を自発的に行動できるようにする、自立させるもので、

その事が相手の成長を手助けしていくと思っています。

 

本来のコピーライティングスキルというのは、

日常生活、普段の会話などで応用できるものです。

 

 

コピーライティングの力を学ぶと、

人を動かす考え方を学べるわけなので、

影響力が強くなるのですが、使い方が最も大切です。

 

 

・・・そんなことを昨日感じました。

 

僕は4年間情報発信を学んできましたが、

昨日の友人との会話で今までで一番、

「コピーライティングスキルが役に立った」

というような実感がありました。

 

情報発信の場でもそれを活かしていますが、

不思議と、昨日の体験の方が役に立ったと思ったのです。

 

 

 

昨日話した友人は、部活動の指導者をしています。

 

そこで、僕とたまたま話すことになって、

「今のチーム状況が良くない感じなんだよね。このままだと二極化してしてしまうし、ふざけてしまう人と真剣にやりたい人で分裂していきそうなんだ。この状況を変えたいから、もっとチームのためにやっていこう!みたいなことを伝えたいと思って、・・・」

という相談を受けました。

 

 

 

そこで、話そうと思っている内容を教えてもらったのですが、

その内容だと、選手は逆に離れていってしまいそうだなということがわかりました。

 

それは、一言二言の違いなのですが、

その差によって相手に対して伝わる情報は変わるので、

チームを良くして行こう!となれるかどうか

のちょうど瀬戸際にいたように感じました。

 

 

「このままだとちょっとまずそうだな」

と思ったので、僕なりの文章を伝えてみて、

今の文章だとどんなことを選手は考えるようになるのか?

どの部分をどう変えていけば、チーム全員が変われるようになるのか?

みたいなことを話しました。

 

 

「もし自分で書くなら・・・」

という視点で文章を送ったところ、

それを見た友人は、

「文字の力がこんなに凄いとは。」

ということを言っていました。

 

 

自分が伝えたいことを伝える。

相手を否定せず、相手を成長させる。

 

これは教育の基本でもあるし、

あらゆる対人関係に活かせることですよね。

 

 

コピーライティングを学ぶと、

価値とは何か?

価値を伝えるための方法

相手を自立させてお互いに成長するための方法

が見えてきます。

 

これはネットでブログを書くときだけ使えるものではなくて、

対人関係でも、日常生活でも色んなところに応用できるものです。

 

 

たった少しの言葉を変えるだけで相手が受け取れる情報量が変わる。

 

そんなことを改めて感じました。

 

ビジネスを通して学べたことで、

友人の役に少しでも立てたなら良かったです。

 

 

コピーライティングのスキルだけを本を読み漁って学んでも、

それは「ただテクニックが身についた」だけの状態なので、

逆に、良いことを言っているように見えて響かない文字になったり、

なんだか自然じゃなくて、相手にグサグサと刺さるだけの文字になったりもします。

 

 

 

単なるテクニック論ではなくて、

人に価値を伝えて成長させるための本質を学べば、

情報発信以外の場にも応用していくことができます。

 

 

コピーライティングの考え方は、

情報発信をする上では必須の知識ですが、

自分を成長させることにもなるし、

日常生活の対人関係を豊かにしてくれるので、

情報発信をきっかけに学んでいってほしいなと思います。

 

 

文字の力は凄い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。