自動運転が見ている世界

この記事は2分で読めます

前回の動画を見ていたら、

他にもあったので、今回も自動運転について。

 

 

 

「自動運転」と聞くと、

「運転しなくてもいいから楽になる!」

「色んな仕事の形が変わりそう」

「事故が減るから素晴らしい!!」

という意見が沢山あると思います。

 

その中でこの動画で話されていることは、

「如何に運転している時間が無駄であるか?」

ということ。

 

前回の動画は、交通事故が減ることに注目していたけど、

この動画では、「時間」について話されています。

 

 

この図を見てみると、

アメリカで考えると、

平均通勤時間「50分」×1億2000万人=60億分

 

人生を80年としたら、

162人分の人生の時間

毎日、通勤に使われているらしいです…!

 

 

こう言われると、凄いことだなぁと思います。

 

自動運転になれば、この時間で他のことができるから、

更に、仕事でも遊びでも時間の使い方が変わって人生が豊かになる!

っていうのが、動画の主張です。

 

 

いやー、こう考えると凄い時間使ってますね。

 

自動運転がなくなるから楽になる!

じゃなくて、

自動運転でできた時間で更に何かをする!

っていう発想がいいですよね。

 

それと同じように、

これから仕事の形が変わっていっても、

それはネガティブなことではなくて、

むしろ、新しい何かができるから良いこと。

 

なんでも、捉え方によって変わりますね。

 

 

そう考えると、

なにも、自動運転ができてから自由時間を有効に使おうとしなくても、

今の運転中でも何かしらできることはありますよね。

 

ただ渋滞にイライラしているっていうのは勿体無い。

イライラしても渋滞はなくならないし。

 

自分は情報発信とかの音声を聞いていたり、

単純に、ラジオとか聞いて過ごしています。

 

ラジオって、結構面白い。

 

なんか無くなるんじゃないかと思えるけど、

つまらないっていうイメージが昔はあったけど、

ラジオはラジオでそれを仕事にしている人がいて、

毎日違う話題があるから面白いですよ。

 

 

あと、自動運転の頭の中はこういう感じらしい。

人間の色んな動きをインプットして、

何千、何万人ものパターンをデータとして取り込んで、

歩行者の動きとか工事現場での合図とかを判断するらしい。

 

そして、これが運転中の様子。

これだけ沢山の障害がある中で、

自分で判断して運転できているらしい。

 

 

・・・ってことを、

人間がやってるってことですよね普段から。

 

そう考えると、一瞬で何でも判断している人間の脳みそは凄い。

 

これは真似しようとしても絶対に同じものは作れないし、

そこにまた、ロボットにはない価値があるということですね。

 

そして、その脳みそと同じものを

自動運転で作ろうとしている人もいるんだから…

これまた凄いなぁと驚きです。笑

 

 

動画はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。