学校の点数で自分の価値は決まらないという話。

この記事は4分で読めます

映画『サマーウォーズ』の中には、

仮想世界OZという世界が存在しています。

 

あれは、何かというと、

まさに今現実で僕らの目の前に起きていること、

インターネットと同じですね。

 

OZでは、アバターという自分の分身が存在していて、

そのアバターの行動が現実世界の行動と一致しているので、

アバター上で起きた問題は現実世界でも同じように起きます。

 

 

今、既にみんな「アバター」を持っていますよね。

 

ブログをやっていなかったとしても、

SNSで何かしら必ずといっていいほどみんな発信をしています。

 

そして、ネット上だけではなくて、

日常生活でも必ず何かしらの「情報」を発信しています。

 

誰かに喋ることもそうだし、

ラーメン屋がホームページをやっていなくても、「看板」というもので情報を発信しているし、

生きていればそこら中に「情報発信」があります。

 

 

その中でも、ネットでの情報発信は、

今は、OZと同じような世界になっていて、

ネット上の自分と現実の自分は日に日に近づいています。

 

僕は、みんなが情報発信をした方が良い

と思っています。

 

少なくとも、今、この記事を読んでいる方は、

何かしらの情報発信をネットでしていくのがお勧めです。

 

 

インターネット上には、

自分で情報を誰かに向けて発信をする人と、

ほとんど何も発信せずに見ることが専門の人の

大きく分けると二通りの生き方があります。

 

何かしらの情報を全員が発信しているとはいえ、

「誰かに向けて発信をしている」という意識で発信をしているのは、

ブログをやっている人とかそういう人たちになりますが、

 

誰かに向けて何かを発信する

 

ということは、本当にめちゃくちゃ学びになります。

 

 

エネルギーという視点で見ると、

自分が過去に乗り越えたことだったり、

今起きていること、誰かに伝えたいこと、学んだことを

誰かにシェアすることで、見ている人に対して何かしらのエネルギーを与えて、

そのエネルギーがコメントとかシェアとか「面白い」という感想とか、

そういったものに変わっていきます。

 

そして、自分の元に返ってきます。

 

 

この循環が本当に素晴らしくて、

まず、情報発信をするようになると、

自分のことが凄くわかるようになります。

 

僕も昔は、「自分が何ができるのか?」わからず、

ずっと先が見えない不安というか、つまらなさを感じていました。

 

ただ、発信をしてみたところ、

自分の考え方に共感してくれる人がいて、

その人たちと会話をしていくことで、

「あ、自分って、こういうことを人に伝えられるんだ」

ということがわかりました。

 

発信してから、自分の価値に気づけたのです。

 

発信する前から、

「自分は何者なんだろう」「こんな自分が何かをできるなんて…」

と思うこと自体が意味がないことだったということですね。

 

それに気づけてのは本当に大きくて。

 

 

たとえ、教室の中で自分のことを評価してくれる人がいなくても、

ちょっとだけ世界を広げて、何万人もいる場所で自分の考えていることを伝えて、

「こんなことを伝えたいなぁ」「こんな世の中になったら楽しいなぁ」

ということを発信したら、0.00001%の人が反応してくれるかもしれません。

 

そしたら、学校の教室の中にいる人数よりも、

もしかしたら、いや、確実に多くなりますよね。

 

それが「価値」ということで、

そう考えると、本当に誰でも価値を伝えられて、

誰でも誰にもないユニークな視点があるはずなんです。

 

 

それを発信していったら、もっと面白くなるなぁと。

 

 

だって、自分が持っているものを

「こんな自分が何かをすることなんてできない」

と自分で空に閉じ込めていることで、

もしかしたら、救える人というか楽しませられる人を楽しませられなくて、

そのまま、自分の宝物に気づかないかもしれないのです。

 

「もったいない!!」って思いますし、

実際、そういう人を沢山見てきました。

 

 

今は誰もが情報を発信しているからこそ、

その範囲をちょっとだけ広げたらいいと思うんですよね。

 

そしたら、誰かしら反応してくれます。

 

インターネットをただゲームとして使っている人もいるし、

ゲームが悪いというわけではないけど、ただ、もったいない。

 

 

不安な気持ちとか上手くいかない気持ちとか、

そういったことをただ呟いている人もいるけど、

そのエネルギーを別のところに向けたら凄い循環生まれます。

 

 

自分のことも知れるし、

何かを学んで伝えようと思えるし、

学ぶことで始点がまた広がって面白くなるし、

発信することで、新しい出会いが生まれる。

 

この循環って、普通に生きているだけだとなかなか起きないし、

起きても、そのスピードはめちゃくちゃ遅いのでやっぱりもったいない。

 

 

ネットを使えば、すぐに誰かが反応してくれて、

本当にびっくりするくらいの速さで人生が動いていきます。

 

ただ、何も反応がないなら、

そこから自分の視点を増やすために学んで、

発信する内容を変えていけばいいだけです。

 

 

結局、自分から動かないと何も生まれないけど、

自分から積極的に何かを発信していけば、

思いもよらない出会いが繋がっていきます。

 

 

 

・・・というのを、今日改めて感じました。

 

インターネットって面白い。

 

自分が何かを発信しないと何も起きないけど、

何かを発信したら、どんどん先進んでいく。

 

 

 

学校の点数だけで価値が決まるわけじゃない。

 

だからといって、勉強が必要ないということもなくて、

勉強を通して発想を転換することだったり、学び習慣を作ることだったり、

そういったことは大事だと思うけど、

ただ、学校の点数だけで自分の価値は決まらない。

 

 

そんなことを思う今日この頃。

 

情報発信について発信していくのが

やっぱり自分には一番合っているのかなと思います。

 

手が止まらないこの感じが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。