不満のエネルギーを転換さえしたら・・・

この記事は2分で読めます

「情報発信をしませんか?」

ということで色々と話しているのですが、

本当に、この世界を多くの人に知ってほしいなと思います。

 

最近もSNSとかを見ているのですが、

特にTwitterとかを見ていても、

「もったいないなぁ」

と思う人ばかりです。

 

みんな何しらで情報を発信しているわけです。

 

友達に対してかもしれないし、

誰かに対してかもしれないけど、

何氏らみんな情報を発信しています。

 

 

でも、「誰かに対して発信をしている」と言う人は少なくて、

だいたい、ただ独り言をつぶやいているような人も多いです。

 

まぁ「つぶやく」という意味でのTwitterなんですが!

 

 

それでもやっぱり「もったいない」と思います。

 

たとえば、何か不満があるときに、

それをツイートしたら気持ちはスッキリするかもしれません。

 

でも、根本的な解決にはなっていないし、

それはただエネルギーを外に出しただけで、

エネルギー自体を無駄に消費しているだけです。

 

そこで生まれた不満と言うのは、

エネルギーを違う方向に向けたら、もしかしたら、

「誰かに対して価値を提供すること」

に繋がるかもしれないわけです。

 

僕もバスケの情報発信をしていますが、

部活動を見ていて、自分の過去を振り返ってみて、

「ただ走るだけのバスケがどれほどもったいないか」

ということを感じて、それを転換させて、

違った方向にエネルギーを注いだら今のような状況になりました。

 

本当に、ちょっと方向性を変えるだけです。

 

そうしたら、その不満という感情から、

信じられないくらい広くて大きな世界が生まれます。

 

自分の日常での学びを発信することで、

新しいご縁、学びを得ることができます。

 

 

今、誰もが情報を発信できるのだから、

みんな、まずはこの可能性について知ってほしいし、

もし今ただ呟いているだけの人とか、ただ閲覧者になっているだけの人たちが、

自分の軸を持って場を作って人を集めて楽しませることができたら、

どれほど今の世の中がもっと楽しくなるのか・・・。

 

 

そんなことを思います。

 

不満も怒りも不安も悩みも、

全部、エネルギーの一つです。

 

その形を転換させたら、

もっと面白い世界が生まれるし、

そのエネルギーの分だけ世界が広がります。

 

 

といっても、

こういった話を知っているかどうかで二極化するわけで、

実際に、今現在でもその世界を知っているかどうかで二極化しています。

 

結局は、知っているかどうかと試してみるかだけですね。

 

僕も最初は、そう言われました。

 

とある起業家の人が、

「この世の中は知っているかとやるかどうかだけ」

ということを言っていたのですが、

今、記事を書きながらそれが自然と出てきたので、

自分も今そのことを実感しているのかなと思います。

 

 

一人ひとりの個性が発揮されて、

不満とかそういった負のエネルギーがなくなったら、

本当に面白い世の中になるなぁと思った今日この頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。