選TAXIの世界は現実にもある。

この記事は3分で読めます

「人生にはいくつもの分岐点がある」

 

今更ながら三年ほど前のドラマ「選TAXI」を見ています。

選択肢、選タクシー。

 

このドラマの設定はバカリズムが作ったものですが、

これは面白い発想だなぁとおもって改めて見ています。

 

 

お金を払うことで、過去に戻れる。

 

そんな不思議なタクシーの話。

 

 

最初の話では、彼女とのデートを失敗した男がタクシーに乗ってきて、

「最悪だよもう~~~」と過去に対して公開をしているところから始まり、

「戻ります?」との一言で過去の戻る。

 

そして、料金は、30分で一万円。

 

30分過去に戻れるのに一万円。

 

 

これに対して、男は

「一万!?」と驚いていたけど、

タクシーを運転する枝分は、

 

「時間が戻るんですよ?安いでしょう」

 

と答えています。

 

 

時間を基本的に”売る”ことが世の中では多いですよね。

 

時給という制度はまさにそれであるし、

誰かに対して時間を使うことも売っているのと似ています。

 

 

ただ、時間は基本的に戻ってきません。

 

時間が戻せるのは、選タクシーとドラえもんくらい。

 

 

だから、過去に戻れる選択肢があるのなら、

違う未来をそのときに選択できるのだから、

それほど便利なものはないしあったら使いたいですよね。

 

めちゃくちゃ楽しそうだし、全部良い選択肢を選べそう。

 

 

本当に、人生は分岐点の連続で、

毎日何をするかによって道が決まっている

ということを思います。

 

この情報発信も。

 

情報発信を始めている未来

情報発信を知らなかった未来

 

それだけで本当に大きく違います。

 

 

これは、すべて、今自分が選択している道や行動の全てに言えて、

何時に起きて、何を食べて、誰と会って、何をするのか。

 

今この記事を書くのか、書かないのか。

 

どんな記事を書くのか、書かないのか。

 

 

それが自分の道を作っていて、

目の前には無数の選択肢があって、

その全てが「人生の分岐点」。

 

そう考えると、この選タクシーの考え方は凄く面白いですよね。

 

ただ、過去に戻ることができないのは現在。

 

 

 

・・・

 

と思いきや、過去にも戻れると僕は思います。

 

それがまさに「お金」の役割で、

選タクシーと同じことが現実でも起こっていると思います。

 

 

たとえば、「本」というものを買ったら、

そこに書いてあることで世の中の見方が変わり、

先の時代のこともわかるかもしれないし、自分の生活習慣も変わるかもしれない。

 

そういう変化があれば、未来を先に知れる、

未来の自分に対して投資をして準備ができる

ということなので、

これは「お金で時間を買っている」ようなもの。

 

お金を払うことで、未来の道を整備している

のと同じですよね。

 

まさに「選タクシー」です。

 

自分への投資をすれば、未来の道がわかり、

今の選択肢が変わり、未来の道が変わっていく。

 

 

お金の役割は色々とありますが、

選タクシーのように過去に戻れる、過去をやり直せる、未来を先取りできる、

そのための使い方もあります。

 

それに対してお金を投資することは、高いのか?

 

 

僕は情報発信をすることで、たくさんの学びにお金と時間を投資してきました。

 

でも、その全ては今の時間を濃くしてくれているので、

一つの無駄ではなかったと思うし、今の選択に影響を与えています。

 

 

今どんな選択肢を選ぶのか。

 

それによって、未来の道が決まっていて、

選タクシーのように過去に戻れる、時間を買えるのが

お金の一つの役目なのだと思います。

 

 

人生の分岐点は、毎日、どこにでもある。

 

まさに、今この記事を書いているときも!

 

 

ということで、

引き続き、「選TAXI」を楽しみたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。