「羽生善治vs.AI世代の若者」が表している人間社会

この記事は3分で読めます

羽生さんの勝負に対する考え方。

 

それが感動的に素晴らしかったです。

そして、相手はAIの世代、

若い世代の棋士でAIで力をつけてきた棋士。

その若い、最先端の技術を味方にしている棋士たちも、

AIの力を借りながらも、最終的には自分独自の発想にたどり着く。

 

いろんなメッセージが込められている動画を見ました。

 

以前、羽生さんはこう言っていました。

「電王戦」で人間がAIに負けた時、

そして、そのAIの手と人間の思考を比べて、

「人工知能と将棋の対局は、未来社会の模擬実験的なことをやっているのではないか」

という風に話してました。

 

これからの社会でAIが発達していったら、

人間は必要なくなるのか?とかいろいろ言われてますが、

実際は、将棋界が今そうであるように、

AIから良い部分を取り入れて、

結局最後はAIにはない人間らしさみたいなものが出てくる。

 

そういう意味でも、今回の動画はいろいろと勉強になりました。

 

今の対局はテレビ画面にこういうのが出てくるそうです。

評価値というので、

どちらが優勢かが数字でわかるらしい。

これは面白いしAI的な発想だなと思いました。

 

でも、これでは「評価が低い」とされる手を打ったけど、

最終的にはその評価が覆って、「評価が高い」に変わったりします。

だんだんと進んでいくと、

あのときは「悪い」とされていた手も、

AIの中ではデータの中では「悪い」とされていた手も、

結果として、「良い」に変わるのがまた面白いところですね。

 

人間らしい発想みたいなものはAIのデータからは読めなくて、

「悪い」と判断される手もあるけど、実際は最後まで見ないとわからない。

 

やっぱりそういう不確実性みたいなところに、

人間らしさというか、AIにはない面白さがあるんだなぁ

っていうことがこの対局を見ていくとわかります。

 

まさに、将棋界はこれからの社会を表しているなと。

 

 

そして、羽生さんの考え方が本当に素晴らしい。

 

「勝負師」という人、

何か一つを極めた人は、

最終的にはこの域に行くのかなぁ

なんてことを思わされる言葉がいくつも出てきます。

 

 

ただ、相手を打ち負かした時。

 

「面白くない将棋をしてしまった」

と言っていました。

 

そして、その真意は最後の方でわかります。

 

 

これは将棋をテニスのラリーに例えた時の話。

将棋でも、勝つのが簡単だと面白くない。

一番難しいコースを打たれて(一番難しい局面を迎えて)、

それを返した時(その局面を変えることができた時)が一番嬉しい。

 

こういう考え方で将棋をしていて、

それが最終的には相手にも伝わります。

 

 

相手の棋士も、なんとか羽生さんに勝とう勝とうとして、

AIのデータや打つ手をずっと家にこもって研究をしてきたけど、

最終的には、勝ち負けはもちろんこだわるけど、

「自分らしさ」とか「楽しさ」「初心」を思い出して、

最後にこんな言葉を残します。

 

「偉大な先輩(羽生さん)と良い作品を作りたい」

 

 

将棋を一つの作品として、

対戦相手との勝負を楽しむ。

 

スポーツと将棋はまた違うのかも知れませんが、

いろいろなヒントを与えてくれるとてもいい番組でした。

 

イチローも、羽生さんも、

何か一つを極めた人というのは、

最終的にはいろいろな分野に応用できる

「真理」とか「原理原則」「本質」とか、

そういう風に呼ばれるものにたどり着くんだなぁと思える、

羽生さんの生き方や将棋観に、ほとんど将棋をしない自分も見入ってしまいました。

 

面白い動画でした!

 

AIが発展している時代だからこそ、

いろいろと考えさせられるものがありました。

 

きっとあっという間に見れると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。